自己紹介




こんにちは。園主の土居寛也でございます。私は、高知市の東に隣接する南国市の十市(とおち)でぶどう園80aを経営しています。
 
十市は昔から果物栽培が盛んで、桃、李、新高梨、ヤマモモ、柿などが多く栽培されてきました。
戦後間もないころ、父と近所の方と、何か新しい果樹を植えたいと先進県の岡山に見に行ったところ、ぶどう棚が美しく広がっていて、その美しい景色に魅せられ、「これにしよう!」と決めたそうです。二人が昭和24年にキャンベルを植えたのが十市のぶどうの始まりです

わたしは生まれたときから、ぶどうを見て育ちました。学生時代、サラリーマン時代を通して繁忙期には手伝いましたが、専業農家になったのは、平成16年7月です。

以来、土作り、除草剤を使わないこと、できるだけ農薬を減らすことなどを心がけて農業しています。
現在はキャンベルに加えてNewピオーネ(種なし)、藤稔、安芸クイーン、ブラックビート、ロザリオビアンコ、翠峰、シャインマスカット、サマークィーン、クィーンニーナ、コトピー、雄宝、ベニバラード、を栽培しています。
今、ぶどうは新しい品種が次々に生まれ、様々なおいしさを味わえる魅力的な果物です。
新しい品種を、植えるときはわくわくして、楽しみです。
妻と二人で「安全でおいしいぶどう作り」に精出しています。

ホームページは妻が農作業の合間に作っています、つたない物ですが、見ていただけたら嬉しいです。

783-0085 高知県南国市十市938番地  
電話番号   088−865−1653  
  和崎ぶどう園  土居寛也



トップページへ