おいしいよ  生育状況  2012

ロザリオビアンコ



畑にカラスが来てぶどうをつんつんつついて、
食べてしまうので、一房ずつ網で包みました。

収穫が終わるまで気を抜けません。



24.9.2
安芸クィーンの収穫のようす


本当は袋を着せていますが撮影のために
外しています。

今年みたいに雨の多い年は
病気が心配ですが、袋を着せているので
無事に収穫できています。



24.9.2
ご贈答の詰め合わせ(3色)


3色の詰め合わせの箱を作るのが
専業農家になってからの夢でした。

やっと作ることができました。

初めての箱にしばし見とれました。



24.8.13
ご贈答の詰め合わせ



安芸クィーンと、藤稔もしくはピオーネの詰め合わせです。


2`の箱に4房入ります。

ご好評頂いています。



24.8.12
キャンベルと糖時計


糖度を測りながら荷造りします。

キャンベルは味より先に着色がくるので
糖度を充分に出すように、特に注意します。

酸味と甘みのバランスがとれたキャンベルが
一番好きと言う方もおいでます。


24.7.30
  シャインマスカット     




期待の新星。

まだ三年目の木なので、たくさんは
ならせませんが、これからが楽しみな品種です。

上品な味が期待できそうです。

収穫はまだ一ヶ月先のことです。



24.7.12
ロザリオビアンコ


緑系では、根強い人気。

昨年よりはよくできたように思います。

収穫が楽しみです。

24.7.21
ベニバラード

安芸クィーンより早熟の赤系ぶどう。

写真を撮った後、収穫して試食してみました。

皮が薄くて、皮ごと食べられて、さくらんぼのような食感が
とてもおいしかったです。

ただ皮が薄いので、裂果がいくつか見られ、
今後の課題です。

我が家は簡易雨よけトンネル栽培ですので
今年のように雨が多い年は、難しいと思いました。

24.7.27
安芸クィーン

赤系ぶどうの 文字通りクィーン。

上品な美味しさが特徴です。

今年は着色が順調で、収穫が楽しみです。




24.7.12
藤みのり


早くも着色が良好にきています。


味が乗ってくるのに、まだ日にちが
かかりますがなかなか順調な着色です。



24.7.12



ピオーネ



ピオーネは、遅い品種なので、着色が
始まったばかりです。
これから、じっくりと色も味も
のってくることでしょう。




24.7.12
キャンベル

収穫を始めました。

太陽の光を背中に受けて色をよく見て、
収穫します。

色を見るのは熟練を要する
難しい仕事です。

曇っているときは取り間違えて、
きれいに着色してないものを取ってしまうときも
あります。

24.7.17
キャンベル


きれいに熟れてきました。

棚の下に立つとほのかに
ぶどうの香りがします。

早くもカラスが来ているので、この畑では
ご近所に了解を得て 爆音機を鳴らせています。


収穫 間近です。

24.7.12

ばらばらとキャンベルが実になっている
ようす。

房についている粒を間引いたり、長すぎたら短く切ったりして、
ちょうどいい房形にします。

一粒一粒が大きくなるので、粒数は少なくて
いいのです。



24.5.17
ぶどうの枝を暖めるために
上下をビニールで覆っています。

そのため、花穂の成形の作業は

(受粉を促進するために長い花を
短く切ります)

下のビニールを外して行い、
作業後にまた閉じます。


24.4.30

上の写真のビニールのトンネル屋根の中のようす

キャンベルの花が咲いているところ。

下で作業をしていると、いい香りに包まれます。




24.4.30
今年のキャンベルの芽は順調に伸びている
ようです。





24.4.24

トップページへ